脅威に対応するには、その脅威の技術について知ることです
脅威への対策

情報データベース
  ホーム
  DNSブラックリスト
  URL ブラックリスト
  アプリケーション
  スパイウェア

対策ソフトウェア
  ITセキュリティ製品マップ
  スパム/迷惑メール対策
  スパイウェア対策
  ウィルス対策
  トロイの木馬対策
  Rootkit対策
  脆弱性監査
  データ保護
  バックアップ
  認証システム

脅威について
  ペスト
  アドウェア
  スパイウェア
  キーロガー
  ウィルス
  ワーム
  ハイジャッカ
  フィッシング/ファーミング
  スパム
  BHO
  トロイの木馬
  BOT
  Rootkit

サポート
  お問い合わせ

関連サイト

 
スパム/迷惑メール
スパムの被害は今日益々増加しています。

2004年では、スパムの多くは海外から(内容が英文)のもので、サーバ管理者の主な目的は、メールサーバがスパムの処理にリソースを浪費されることを回避することでした。

2005年に入ると、日本語のスパムも増大、ドメイン名を基にランダムに生成したメールアドレスにスパマーはメール送信するようになりました。フィッシング/ファーミングと呼ばれる犯罪もスパムメールを利用した脅威です。

2006年に入ると、スパムメールは、ワンクリックと呼ばれる詐欺行為や、出会い系サイトへの勧誘のための情報を配信に利用されるようになりました。

対策について

スパム対策を行う場合、メールサーバ/ゲートウェイ レベルで行う対策もありますが、ここではメールクライアントで対応する方法について紹介します。
スパム対策ソフトウェアの選択
スパム対策ソフトウェアにも、製品によりさまざまな方法が採用されています。以下の表は、その方式で分類したものです。
方 式 欠 点 利 点
メール プロキシとして機能 ・設定が複雑
・メールクライアントとの互換性が高い
・データをローカルコンピュータに読み込む
・ボディ部分のデータをフィルタリング
メールヘッダのみ読み込む ・ボディ部データでフィルタリングができない ・軽い
・メールクライアントとの互換性が高い
メールクライアントにプラグイン ・データをローカルコンピュータに読み込む ・設定が簡単
 
Mail Managerを利用する
Mail Managerを導入することで、家族など複数のメールアカウントを登録し、スパムメールを識別処理することができます。
  • ホワイトリスト、ブラックリストの管理が容易
  • DNSBLを参照し、スパム メールを判断
  • メールヘッダ部のみで処理するため、高速かつ安全
製品の詳細を見る
Mail Manager
 
スパムメール対策のためのブラックリストサーバの登録
shareEDGEでは、スパムメール対策のための、ブラックリスト サーバのサービスを行っています。以下のブラックリスト データが利用可能です。
  • DNSBL (スパムリレー サーバリスト)
  • メール送信元アドレス
  • URLブラックリスト
 
2006, 2008 Copyright nextEDGE Technology, Inc. All Right Reserved.